投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


Re: 暑中見舞い申し上げます。

 投稿者:かんりびと  投稿日:2017年 8月21日(月)00時46分36秒
返信・引用
  ストーン・ヘンジさん、ご無沙汰しておりますが、お元気ですか。
当方、何とかやっております。
また何かご縁がありましたなら、お目にかかりましょう。
 

Re: 暑中見舞い申し上げます。

 投稿者:ストーン・ヘンジ  投稿日:2017年 8月15日(火)16時30分31秒
返信・引用
  > 相変わらずあちこち車で徘徊している毎日です。

かんりびとさん。
お元気で何よりです。
ご無沙汰いたしております。

> 先日は4日ほど新潟へ行き、長岡の花火を見てきました。

花火を遠くから眺めるのは綺麗ですが、近くだと音が凄まじいので
ちょっとした恐怖があります。

> 先月朔日に喜寿とやらを迎えました。その時全国各地から友人たちが集まってくれ、撮った、いや、撮られた写真がこれです。

喜寿ですか。
それはお目出度く存じます。
人間、毎年1つは歳を重ねるものですね。

> まあ、順調に歳を取っています。

岡山の方に、お出かけのことがありましたら、ご連絡ください。
何を於いても駆けつけます。
 

Re: 暑中見舞い申し上げます。

 投稿者:濱さん  投稿日:2017年 8月14日(月)22時49分16秒
返信・引用
  > No.1044[元記事へ]

かんりびと様、やっと出ましたね。{^________-}-☆
少し太りましたか?

じつは長野に家を買いました。家を買いましたと言えば聞こえが良いのですが
古民家です。古民家と言えば立派な梁がむき出しの昔庄屋さんのような家を想像されますが
ボロボロの茅葺屋根の上にトタンを張り付け、やや傾いたような古民家です。
土蔵もあるのですが、これも土が剥がれ落ちて朽ち果てそうな土蔵です。
当然トイレもぽっとん

還暦を機に仕事を辞めてこの建物を自分でリフォームする予定です。
水回り、合併浄化槽、電気等自分ではどうしても手に負えない(手続き上)
部分は業者にお願いする事になりますが、木工事は自分でやるつもりです。
ちょっとした冒険になりますが、楽しみたいと思っています。
完成したら遊びに是非いらしてくださいね。
 

Re: 暑中見舞い申し上げます。

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 8月14日(月)06時52分18秒
返信・引用
  > No.1043[元記事へ]

けいさん、その他もろもろ気を付けます。
 

Re: 暑中見舞い申し上げます。

 投稿者:けい  投稿日:2017年 8月12日(土)07時02分53秒
返信・引用
  > No.1042[元記事へ]

かんりびとさん、

残暑お見舞い申し上げます。

お忙しそうなご様子、なによりです。
熱中症その他もろもろ、気をつけてお楽しみくださいませ。
 

Re: 暑中見舞い申し上げます。

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 8月11日(金)13時54分51秒
返信・引用 編集済
  > No.1041[元記事へ]

seino3さん、ご無沙汰しています。

ご長寿台風とやら、自分のことを言われているような台風まで来て、いえ「あいつまだ生きてるよ、おまけに元気だから始末に負えない」てなことを言われている台風のおかげで、蒸し暑いのには参ります。
相変わらずあちこち車で徘徊している毎日です。
家にいるのは週3日ほどでしょうか。
先日は4日ほど新潟へ行き、長岡の花火を見てきました。
先月朔日に喜寿とやらを迎えました。その時全国各地から友人たちが集まってくれ、撮った、いや、撮られた写真がこれです。
まあ、順調に歳を取っています。

 

暑中見舞い申し上げます。

 投稿者:seino3  投稿日:2017年 8月10日(木)07時18分46秒
返信・引用
  この夏は、特別暑いですね。
かんりびとさま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?
 冬のお元気な半袖姿は、すぐに目に浮かびますが、夏のお姿は思い浮かびません。

どうぞお体に気を付けられて、素敵な夏を過ごされますように。

 

Re: 春

 投稿者:seino3  投稿日:2017年 4月25日(火)02時53分29秒
返信・引用
  かんりびとさん、
ほんとうに あっという間ですね。

部屋を片付けるのも、気合がほしいですよね。
かんりびとさんも、いろいろ大変かと思います。
現場テラスのホコリは、もう取れた頃でしょうか。
いつかまた、あの夢のような空間にお邪魔できたらいいなあと
思います。
 お庭には、また春の花が咲いたのでしょうか。
 どうぞお体に気を付けて、お元気に日々過ごされますよう
お祈りいたします。
 

Re:春

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 3月14日(火)12時01分48秒
返信・引用 編集済
  > No.1036[元記事へ]

けいさん、seino3さん、レスありがとうございます。
あっという間に一年が経とうとしています。
なかなか部屋が片付きません。現場テラスもホコリにまみれています。

 

Re: 瑞泉寺

 投稿者:seino3  投稿日:2017年 3月14日(火)07時18分42秒
返信・引用
  > No.1037[元記事へ]

かんりびとさん、
お墓参りとお花の写真、拝見しました。
かんりびと様もお元気そうでよかったです。
玄関前のパンジーも、特に黄色が春らしくて素敵です。
次の花も楽しみにしています♪
 

瑞泉寺

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 3月13日(月)17時31分4秒
返信・引用
  もうすぐお彼岸。その前に瑞泉寺へお墓参りに行ってきました。
すでにどなたかお二組の方が、お花を供えて下さっていました。
また、どなたかクロッカスを植えてくださった方もおりました。
最後の写真は、自宅玄関前のプランターに植えたパンジーです。
 

Re: 花壇その後

 投稿者:けい  投稿日:2017年 2月26日(日)11時52分28秒
返信・引用
  > No.1034[元記事へ]

かんりびとさん、

春ですね!!
 

Re: 花壇その後

 投稿者:seino3  投稿日:2017年 2月25日(土)15時54分54秒
返信・引用
  かんりびとさん、

花、きれいですね。
もう春が来たようです。
ところで、芽出しチューリップというのがあるのですね。
球根を買いそこなったので、あきらめていました。
今からでもOKなのかな。
また、きれいな花を見せてください。
楽しみにしています♪
 

花壇その後

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月25日(土)11時06分52秒
返信・引用 編集済
  花壇に花を植えました。
以前のクレマチスを、と思いましたが、苗も種も近くのホームセンターでは見つからなかったので、パンジーの苗と、芽出しチューリップを植えました。
パンジーは4月ごろまでと言われ、芽出しチューリップは4月ごろ咲くだろうということで、二種類を一緒に植えました。

㊤ あまりガーデニングには詳しくないので、園芸が趣味の知人にお願いして、手伝ってもらいました。

㊥ 植え終わった花壇ですが、チューリップはまだ芽が少し顔を出した状態です。

㊦ 二階から全体を写してみました。
 

おひなさま

 投稿者:けい  投稿日:2017年 2月20日(月)18時44分32秒
返信・引用
  末吉家のお雛様、りささん宅に引っ越されたのですね。
毎年、かんりびとさんが飾り付けの様子を書かれているのを見て、
あわてて部屋を片付けていたわが家です。
 

Re: メリーの接客

 投稿者:ストーン・ヘンジ  投稿日:2017年 2月14日(火)22時51分36秒
返信・引用
  > No.1024[元記事へ]

> 四方山話をするうちに、飼い猫のメリーが庭から入ってきました。
> 「おいで」と呼ぶと、お二人の前に来て、ゴロンと横になり、撫でてもらっていました。
> 動物好きの人がわかるのですね。

かんりびとさん、ご無沙汰しております。
お元気なご様子何よりです。
メリーの姿にも安心しました。

立春を過ぎた頃が、一番寒い時期にあたるので
あまりご無理をされないで、お過しになってください。
暖かくなったら、鎌倉の方にお邪魔できたらと思っています。
 

花壇その1 2007年

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月13日(月)00時34分33秒
返信・引用
  塀際の花壇が古くなったので、作り直すことにしました。
最初に作ったのが10年前。
隣家との境のブロック塀が味気なかったので、ここに花でも植えようか、ということで作り始めました。
ところが作り始めると、長さが6m近くもあり、結構大変でした。
結果は、花壇の深さも浅く、とりあえず、という感じでした。

画像は2007年3月です。

㊤ 出来上がった花壇に、まず鉢底石を入れます。

㊥ 次に腐葉土やたい肥を混ぜながら土を入れます。

㊦ 完成ですが、防腐ペイントなどは不十分でした。高さも足りません。

 

花壇その2 2012年-1

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月13日(月)00時30分19秒
返信・引用
  5年たってだいぶ傷んできましたので、もう一度最初から作り替えることにしました。

2012年2月の写真です。

㊤ 古いラティスはそのまま残し、上からペンキを塗りました。
  「馬」と称する、板を置く台を一対作り、作業の効率をよくしました。
  深さも、30㎝から45㎝と深くして、より多く土が入るようにしました。

㊥ といっても、作業員は、爺さん一人です。大丈夫かなあ。

㊦ 完成した花壇にパンジーなど植えてみました。
 

花壇その3 2014~15年

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月13日(月)00時13分20秒
返信・引用
  せっかくラティスがあるのだから、何か絡まるものを植えようということになり、第一候補がツルバラ。
でも、ツルバラは手入れが大変だということで、モッコウバラを植えてみました。
これならばトゲもなく、手入れがしやすいと考えたのです。
ところが、6本の苗は、1年もたたないうちにみな枯れてしまい、全滅。

その後、クレマチスを植えたところ、毎年花を咲かせ、やっとラティスもその役を果たしました。

㊤ 2014年4月、根付いたクレマチスが咲き誇っています。

㊥ 2015年4月、1年たって、ますます元気になりました。

㊦ 2015年4月 花の種類は2種類です。

 

花壇その4 2017年

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月13日(月)00時10分24秒
返信・引用 編集済
  そして5年を経て、板が土の水分で腐り、おまけに反ってきて、土がこぼれる事態。
ラティスも、塗装をしていなかった裏側から腐り始め、これも限界です。
そこで今回は、全面的に作り替えることにしました。

写真は2017年2月

① まずはラティスを撤去します。バラバラになったラティスは、ただの古い棒板です。

② 花壇の板が反っているのがわかります。これから花壇を撤去します。

③ 花壇の中には大量の土が入っています。
  これを土嚢袋に詰めるのですが、約30㎏の袋が7袋にもなりました。
  区切りのいいところまで、とやっているうちに、夜になりました。気温は4度。

④ 翌日です。ほとんど撤去しましたが、あとの掃除が大変。

⑤ 箸より重たいものはスプーンくらいしか持ったことがないという爺さんが、一人で頑張っています。
  寒風の中、Tシャツ一枚の老作業員。
 

花壇その5 2017年

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月13日(月)00時07分49秒
返信・引用 編集済
  さて、バックとなるブロック塀がたいへん汚れているので、ペンキを塗ることにしました。
色は白っぽいピンク。
ただ、ブロックは塗料が浸みこみやすいので、一度塗りの後、乾いてから二度塗りをします。

㊤ 一度塗りの乾くのを待っていたら、日が暮れてきました。

㊥ 二度塗りを始めたのが夕方で、結局夜遅くまでかかりました。

㊦ 翌日太陽の下で見ると、なかなかきれいな仕上がりでした。
 

花壇その6 2017年

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月13日(月)00時06分59秒
返信・引用 編集済
  花壇用の板の塗装はすでに終わっているので、次に塗るのはラティスです。
これも塗料が浸みこみやすいので、二度塗りをします。色はオレンジ。

㊤ 晴天が続き、日中の日差しが強かったので、塗装は建物の陰でやります。

㊥ ラティスは板が入り組んでいるので、一本一本刷毛で塗ります。
  90cm x 120cm のサイズが6枚、その両面を二度塗りします。
  時間のかかる作業です。

㊦ スタートが遅いせいか、いつも作業が夜までかかります。
  日中と15度以上も温度差があるうえ、北風の寒いこと!
  指のあかぎれがなかなか治りません。
  それにしても汚い指!
 

花壇その7 2017年

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月13日(月)00時04分23秒
返信・引用
  いよいよラストスパートです。

① 花壇の取り付けは底板を置き、奥の板から始まり、手前の板を取り付けます。

② 大体できたところで、ラティスを取り付けます。

③ 花壇の中はまだ空っぽです。

④ まず、水はけをよくするために、底石を敷きます。

⑤ 次にいよいよ土が入ります。
  腐葉土、たい肥、化学肥料などを混ぜながら丁寧に入れていきます。

⑥ 最後に培養土を入れて、花壇が完成しました。

⑦ ピンクのブロックにオレンジのラティス。茶色の花壇を引き立てます。
 

メリーの接客

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2017年 2月11日(土)23時07分25秒
返信・引用
  ご無沙汰しておりました。

今日、画家の垂石眞子さんと、翻訳家の野坂悦子さんが、ご来訪されました。
お線香をあげようにも、うちには仏壇もないので、暁子の写真と、思い出の品々の飾ってあるキャビネットの前で、手を合わせていらっしゃいました。

四方山話をするうちに、飼い猫のメリーが庭から入ってきました。
「おいで」と呼ぶと、お二人の前に来て、ゴロンと横になり、撫でてもらっていました。
動物好きの人がわかるのですね。
 

Re: 懐かしい写真

 投稿者:山本悦子  投稿日:2016年10月22日(土)23時14分9秒
返信・引用
  > No.1022[元記事へ]

かんりびとさん、

> ホームページ「末吉暁子童話マップ」の再構築中、懐かしい写真が出てきましたので、掲載します。
>
よかった。
もう一度末吉先生のHP、できるんですね。
ホッとしました。
 

懐かしい写真

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年10月21日(金)07時15分4秒
返信・引用
  ホームページ「末吉暁子童話マップ」の再構築中、懐かしい写真が出てきましたので、掲載します。
2012年11月、福島県郡山市でのボランティアペープサートの時の写真です。
中央、末吉暁子の向かって左お二方は、声優の秋山ルナさん、山本千鶴さんです。
ルナさんは、初代がんこちゃんの声を担当していましたが、2014年3月に亡くなりました。
山本さんも、今年9月にお亡くなりになりました。
この時は、10人のキャラバン隊でしたが、そのうちの3人が亡くなったことになります。
改めてご冥福をお祈りします。
 

新聞電子版

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 9月 8日(木)09時03分16秒
返信・引用
  > No.1020[元記事へ]

灯台守さん、読売の電子版に登録をしていないと全文が読めないのですね。
たまたま旅先の友人が登録済みだったせいで、普通に読めましたが、帰宅してクリックしても、「登録してください」の一点張りです。
今、朝日新聞は月額500円の電子版で読んでいますが、新聞紙の始末をしなくていい分、便利ですね。
 

Re: 追悼抄

 投稿者:灯台守  投稿日:2016年 9月 5日(月)19時20分45秒
返信・引用
  > No.1016[元記事へ]

かんりびとさん、

> 9月3日(土)の読売新聞4面「追悼抄」に、末吉暁子の記事が載りました。
> 事前に私と野上さんが取材を受けたのですが、掲載日を聞いていませんでした。
> 昨夜突然親戚筋より掲載されていると聞かされ、あわてました。
> というのも、昨日より群馬県に出張で来ているのですが、この辺りは夕刊配布地域ではないのです。
> そこで埼玉まで車を飛ばし、やっと夕刊を手にしました。
> 大きながんこちゃんのぬいぐるみと一緒に写っているカラー写真が、2段抜きで載っていました。
>

神戸では購入出来ないと思うので、かんりびとさんが書き込んでくれなかったら、
知らず終いだったでしょう。URLの記載、有難うございました。

記事を読んでいたら、優しい末吉先生を再度思い返した次第です。何時も息子のことを
心配して下さった事を思い出します。

改めて感謝を込めて・・・
 

Re: 追悼抄

 投稿者:かんりびと  投稿日:2016年 9月 5日(月)10時53分34秒
返信・引用
  > No.1018[元記事へ]

山本悦子さん、けいさん、ありがとうございます。
今、群馬から茨城に来ていますが、今日(9月5日)の読売朝刊に同じ記事が出ていました。
おたよりコーナーの画像は、私がファックスで送った記事を転写したものらしいですが、下のURLをクリックすると、読売新聞デジタル版に飛びます。
出てきた記事をさらにクリックしますと、記事全体が読めます。是非お試しを。

http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/list_NEWS%255fMAIN%2509%25EF%25BC%2599%25E6%259C%2588%25EF%25BC%2593%25E6%2597%25A5%25E5%25A4%2595%25E5%2588%258A%25E3%2580%2580%25E7%2589%25B9%25E9%259B%2586%25E9%259D%25A2/list_NEWS%255fMAIN

 

Re: 追悼抄

 投稿者:けい  投稿日:2016年 9月 5日(月)06時35分2秒
返信・引用
  > No.1017[元記事へ]

私も、追悼抄、『おたよりコーナー』で読ませていただきました。

あらためて
いろいろなことを思い出しました。
ありがとうございます。
 

Re: 追悼抄

 投稿者:山本悦子  投稿日:2016年 9月 4日(日)22時42分26秒
返信・引用
  > No.1016[元記事へ]

かんりびとさん、

> 9月3日(土)の読売新聞4面「追悼抄」に、末吉暁子の記事が載りました。

すてきな笑顔の暁子先生を見て
胸がいっぱいになりました。
記事は、「おたよりコーナー」で見せていただきました。
管理人さんが、わざわざ埼玉まで買いに行かれたんですね。
ご苦労様でした。
でも、載せるなら、送ってほしいですよね。
 

追悼抄

 投稿者:かんりびと  投稿日:2016年 9月 4日(日)07時57分56秒
返信・引用 編集済
  9月3日(土)の読売新聞4面「追悼抄」に、末吉暁子の記事が載りました。
事前に私と野上さんが取材を受けたのですが、掲載日を聞いていませんでした。
昨夜突然親戚筋より掲載されていると聞かされ、あわてました。
というのも、昨日より群馬県に出張で来ているのですが、この辺りは夕刊配布地域ではないのです。
そこで埼玉まで車を飛ばし、やっと夕刊を手にしました。
大きながんこちゃんのぬいぐるみと一緒に写っているカラー写真が、2段抜きで載っていました。

http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/list_NEWS%255fMAIN%2509%25EF%25BC%2599%25E6%259C%2588%25EF%25BC%2593%25E6%2597%25A5%25E5%25A4%2595%25E5%2588%258A%25E3%2580%2580%25E7%2589%25B9%25E9%259B%2586%25E9%259D%25A2/list_NEWS%255fMAIN
 

Re: エイッ!

 投稿者:たかし  投稿日:2016年 8月13日(土)14時11分7秒
返信・引用
  かんりびとさん、
76才の母に、新しい癌が見つかりました。胆管がん手術後1年です。
抗がん剤や食事療法。どれがいいのかわからず、病院に相談しました。
「抗がん剤は、例えば2週飲み続けて1週休みます。
それは休んでいる間に、正常な細胞を復活させるためです。」
というわかりやすい説明に納得しました。

通院送迎後、実家の整理整頓を始めました。
自分の気持ちに整理がつかず、
ひとりになってから片付けるには、分からないことが多すぎるし、
悲しくなってやる気が起こらないと思ったからです。

昨日自分の誕生日に、エイロクスケさんの本を読みました。
「癌が『ポン』だったらよかったのに…」
という言葉で親の看病介護、頑張ろうと思いました。

かんりびとさん、プレバト見て、また俳句など掲載して下さい。
よろしくお願いします。
 

エイッ!

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 8月13日(土)11時55分0秒
返信・引用
  > No.1013[元記事へ]

浜さん、ありがとうございます。
昨日は父親の命日だったので、瑞泉寺まで墓参に行ってきました。
このところ猛暑が続いていますが、さすがに朝晩はだいぶ過ごしやすくなりました。
毎日ぼうっとしているせいか、家の中の片付けが、散らかりに追いついていけません。
税務署や法務局など、役所への届けもまだ滞っています。
今日から気合を入れて「エイッ!」と片づけをする予定ですが、さてどうなりますことやら。
 

49日を過ぎて

 投稿者:浜さん  投稿日:2016年 8月 7日(日)01時37分19秒
返信・引用
  ご無沙汰です。
お別れの会には参列できず失礼しました。
でも、ご自宅でつかの間でしたがお別れが出
来、感謝しております。

早いもので、49日も過ぎたんですね
私も母の喪主を務めたのでなんとなくわかり
ますが、49日が過ぎるまでは何かと気ぜわし
く葬儀、お金、事務処理・・・
悲しんでいる暇もなかった気がします。

仏教では輪廻転生(りんねてんしょう)の考
えがが根底にあり
(宗派により細かくは違いますが)
生前のしがらみを捨て、素の状態の魂になる
ためこの世にとどまり
7日を1セットとして7回の講習(裁き)み
たいなものがあるそうです。
それにエールを送るために7日ごとに法要を
します。
今は、葬儀も法要もかなり簡略されています。

簡略できると言う事、宗派により細かい違い
がある事etc から
本当は遺族がやりたいようにやればいいよう
な気がします。
心を込めて見送ればよいのです。
儀式は、社会のしがらみで避けられないもの
が多々あります。
静かに身内だけでお見送りしたくても
故人の仕事上、遺族の親戚、仕事、沢山のし
がらみがあり自由にできないこともあるかと
思います。

49日にはもう一つ意味があります。
故人の死に向き合う時期と言う事です。
この時期から色々な手続きで忙しかった
遺族はやっと故人と向き合い
悲しさも、寂しさも倍増します。
同時にお疲れも出る頃だと思います。
どうぞどうぞご自愛くださいますよう切にお
願いいたします。
 

Re: 納骨式

 投稿者:ストーン・ヘンジ  投稿日:2016年 7月26日(火)15時07分31秒
返信・引用
  > No.1011[元記事へ]

> 本日、鎌倉瑞泉寺にて、納骨を終えました。
> 葬儀はすでに霊南坂教会で済ませていたのですが、お墓がお寺さんなので、49日の法要と納骨式をやることになりました。
> 集まったのは暁子の兄弟姉妹、私の姉一家のほかは、やっぱりなあさんただ一人。
> 鎌倉プリンスホテルで、精進落しを食べてお開きとなりました。

宗教の違いが、いまいちよくわかりませんが、魂が彷徨わないのが最善ですね。
何だかほっとしています。
哀しみの癒える日数には個人差がありますから、慰めようも、言葉も出てきません。
それでも、生きていくことで過ごされることを願っています。

かんりびとさん。
お電話をありがとうございました。
心ばかりの品です。
ご笑納くださいませ。
 

納骨式

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 7月25日(月)19時46分53秒
返信・引用
  本日、鎌倉瑞泉寺にて、納骨を終えました。
葬儀はすでに霊南坂教会で済ませていたのですが、お墓がお寺さんなので、49日の法要と納骨式をやることになりました。
集まったのは暁子の兄弟姉妹、私の姉一家のほかは、やっぱりなあさんただ一人。
鎌倉プリンスホテルで、精進落しを食べてお開きとなりました。
 

Re: メリー

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 7月20日(水)23時29分9秒
返信・引用
  > No.1009[元記事へ]

seino3さん、メリーは、やっと最近暁子を探すのをあきらめたみたいです。
それまでは、階下の居間、台所、二階の暁子の書斎と、ニャーニャー言いながら走り回っていました。
近頃は、仕方なく私になついて、夜など足元でゴロゴロ言っています。
 

Re: 期日前投票

 投稿者:seino3  投稿日:2016年 7月17日(日)09時44分51秒
返信・引用
  かんりびとさん

すっかり夏らしくなりましたね。
何とかお元気とのこと、よかったです。
私も何とか元気です。

すぐに銀行口座が閉鎖されるとは困りますね。
本人は払えないのに。
そんなこと、知りませんでした.

ところで、メリーちゃんは、お元気ですか?

 

Re: 期日前投票

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 7月15日(金)10時27分26秒
返信・引用
  seino3さん、お元気ですか。
雑務に忙殺されている毎日ですが、何とか元気にやっています。
亡くなってすぐに銀行口座が閉鎖されましたので、引き落としのできなかった各種支払いの請求書が、そろそろどっと来る頃です。
それにしても、亡くなったのが土曜日、新聞に死亡記事が出たのが日曜日、銀行から口座凍結の連絡があったのが月曜日の朝9時でした。
こういう時、銀行は素早いのですね。
 

Re: 期日前投票

 投稿者:seino3  投稿日:2016年 7月13日(水)06時00分18秒
返信・引用
  かんりびとさん

こんにちは!
参院選、終わりましたね。
かんりびとさんのように、期日前投票を活用したりして、
もっと投票率が上がるといいですね。

次は都知事選が盛り上がってきましたね。こちらは
選挙権がないので、都民の方、頑張ってください。

その後、お寂しいとと思います。
お疲れとも思いますが、亡くなられた方の分まで長生きされて、
ますますご活躍されますよう、お祈りいたします。

書きこみご飯、また、いただきにまいります♪


 

期日前投票

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 7月 7日(木)06時58分59秒
返信・引用
  参議院選挙もあと三日となりました。
巷には選挙カー、テレビでは政見放送と、だいぶ盛り上がっています。
週末が何やかやと忙しい昨今ですので、昨日思い立って期日前投票に行ってきました。
期日前投票は今回が初めてです。

期日前投票の受付時間は、投票日より1時間半遅く、8時半からです。
受付開始と同時に行くと、すでに7人のスタッフが待機していました。
世田谷区だけで、期日前投票所が28か所もあるので、区内だけでも200人ほどの人員を割いているということが分かりました。
選挙に費やす税金が、かなりの額になることを実感しました。

参院選は定期的なものですが、突然の首長の辞任に伴う選挙に税金を無駄遣いするのには、釈然としないものがあります。
政治家なんて、清廉潔白が売りの人物より、多少の汚れがあっても、アクが強く押しの強い行動力のある人のほうが適任ということもしばしばあるように思えます。
「協調と話し合い」で道路・交通行政を停滞させた都知事よりも、収賄で逮捕され、実刑となった首相のほうが、結果的には国の発展に貢献しているともいわれています。

しかし候補者の名前を見ても、その人の本質などわかるわけもないので、「エイヤッ」と選んだ人が当選しても、その結果まではわかりません。
行ってみて初めて何かがわかるという「日本列島ダーツの旅」みたいなものですか。
 

Re: 末吉暁子亡くなる

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 6月19日(日)00時25分34秒
返信・引用
  > No.1004[元記事へ]

ストーン・ヘンジさん、書き込みありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
 

Re: 末吉暁子亡くなる

 投稿者:ストーン・ヘンジ  投稿日:2016年 6月10日(金)22時08分53秒
返信・引用 編集済
  > No.999[元記事へ]

> 2か月も更新を怠り、申し訳ありません。管理人としての怠慢を、深くお詫びします。
> 周知のこととは思いますが、去る5月28日に、妻 末吉暁子が2年半の闘病の末、亡くなりました。
> 病名は肺腺癌。享年73歳でした。

未だ、亡くなられたことが信じられないでいます。
屋敷の中に独りで居ると、碌なことは考えず、マイナス思考です。

> 写真㊤ やどかりテラスのロゴマークです。

何時かのキリ番の時に、いただいたTシャツ。勤務先に着ていったのは
一度限です。もったいないので、箪笥の肥やしに、元へ宝にしています。

何につけても、思い出されることでしょうが、かんりびとさんには
どうか、お疲れのでませんように。
 

Re: 末吉暁子亡くなる

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 6月 8日(水)13時04分56秒
返信・引用
  > No.999[元記事へ]

けいさん、たかしさん、書き込みありがとうございます。
 

Re: 末吉暁子亡くなる

 投稿者:たかし  投稿日:2016年 6月 8日(水)07時14分49秒
返信・引用
  > No.999[元記事へ]

かんりびと様、
私事で恐縮ですが、末吉先生が亡くなる1週間ほど前
義父を亡くしました。
お察しするとともに、心からご冥福をお祈りいたします。
 

Re: 末吉暁子亡くなる

 投稿者:けい  投稿日:2016年 6月 8日(水)06時37分47秒
返信・引用
  > No.999[元記事へ]

いろいろとお疲れのことと思います。
どうぞ、ご無理はなさいませんよう。
 

期待しております

 投稿者:けい  投稿日:2016年 6月 7日(火)07時12分15秒
返信・引用
  かんりびとさん、

やどかりマーク、このサイズで見ると、ますます趣がありますね。
これからも、立ち寄らせていただきます。
母屋の白百合の写真、凜としていながら、見るものの心を和ませるようです。
そういえば、桜はいかがなりましたか?
 

末吉暁子亡くなる

 投稿者:かんりびとメール  投稿日:2016年 6月 6日(月)23時15分45秒
返信・引用
  2か月も更新を怠り、申し訳ありません。管理人としての怠慢を、深くお詫びします。
周知のこととは思いますが、去る5月28日に、妻 末吉暁子が2年半の闘病の末、亡くなりました。
病名は肺腺癌。享年73歳でした。

この機会に「書き込みごはん」の成り立ちについてご説明します。
パソコン・オンチの私が、2000年に立ち上げた「末吉暁子童話マップ」のシステム管理をやっていたのが、そもそもの始まりです。
そして2002年の秋、たまたま暁子が欧州旅行で10日近く家を空けていた隙に、こっそりと自分のホームページを立ち上げたのです。
こっそりにしては、ずいぶんと大きなものでしたが。

そのころ、庭に簡単なテラスを自作してビアガーデンなどと言っていました。
雨よけにブルーシートで屋根を張り、中に裸電球を点して近所のおじさんたちと夜な夜な飲んでいました。
外から帰ってきた暁子がそれを見て「まるで建築現場で酒盛りをしているみたい」。
ということで、その日から「現場テラス」と呼ぶようになりました。

ホームページを立ち上げたものの、元来が「内気で無口でおちょぼ口」と言われた私のサイトなど、誰も立ち寄ってはくれません。
そこで、暁子の童話マップを入り口にしようと考え、居候を決め込んだのです。
その名も「やどかりテラス」と称し、マークは軒先を借りて母屋を乗っ取っているデザインにしました。

ほとんどが写真とキャプションのこのサイト、それなりに好評でしたが、10年もやっていると自分で飽きてしまい、中の「書き込みごはん」だけを残して、ガラガラと閉店しました。
暁子からは何度も「そろそろ再開したら?」と言われていましたが、何となくタイミングを失って、今日に至っています。

母屋はbiglobeで、やどかりはitscomというサーバーの違いもあって、なかなかややこしかったのですが、これからサーバーを統一して「やどかりテラス」リニューアルを作ろうかと思っています。
といってもいつになることやら…。

末吉暁子童話マップも古くなって、あちこちガタが来ていますが、これも修復するつもりなので、本当にいつになることやら。
そして「おたよりコーナー」。
少なくともこの「書き込みごはん」よりも来客数が多いので、このまま残そうと思っています。
でも、誰も訪れる人がなくなったら、それはそれで自然消滅でしょう。

年を取ると、何もしないうちに時間ばかりが過ぎていく毎日となりますが、残り少ない時間をアルコールにばかり割いているわけにもいきません。
何とか頑張ってみようかと思っています。

写真㊤ やどかりテラスのロゴマークです。

写真㊥ 2002年9月の欧州旅行のもの。仲良しのMさんKさんとの珍道中だったそうです。

写真㊦ オランダの作家と編集者と写した写真です。
    今だから言いますが、実はこの写真、大幅に修正したあります。
    顔を小さくして色白にし、背も高くしてあります。
    昔の adobe photoshop elementを駆使して、シロートが頑張りました。
    というのも、オランダ人はみな背が高く、顔は小さく、色が白い。
    その中に入ると「捕まった宇宙人」みたいになってしまうのです。
    顔を小さく、背を高くすると、当然背景も変わってしまいます。
    その分の背景をわからないように作るのです。・・・苦労しました。
    あ、本人は気が付いていませんでした。

 

じゅん散歩

 投稿者:かんりびと  投稿日:2016年 4月 7日(木)13時38分22秒
返信・引用 編集済
  地井武男、加山雄三に続き、高田純次の「じゅん散歩」毎日見ています。
高田純次の絵と、槇原敬之のテーマソング『一歩一会』がいいですね。

この歌、毎朝オープニングで流れるさわりの部分だけかと思っていましたら、ほんとうは長い長い歌なんですね。
もっともそっちの方は「マッキー節」全開で、あまり興味がありませんけど。
ちなみに、2番まである歌の1番はこんな風です。

 いつもただ車に乗って
 通り過ぎていただけでは
 気付けなかった景色や
 出会いがあると気づいた
 時が止まったような路地裏
 コーヒーの良い香りのカフェ
 しかもこんな可愛い子が
 注文をとってくれる
 適当に歩いたら帰って
 昼寝でもと思ってたけど
 歩いた分だけ出会う
 歩いた分だけ見つかる
 これはただの散歩じゃない

 いわば一歩一会の小さな旅だ
 何かが物足りないと思ってたその何かを
 見つけられそうな気がする
 この一歩一会の旅で

テキトーなおじさんが、テキトーこきながら散歩する番組のテーマにしては、理屈っぽくて重すぎませんか。

やはりこんなのがいいんじゃないかと・・・・

 歩いた分だけ得する
 歩いた分だけ儲かる
 これはタダの散歩じゃない
 ギャラが出る
 

/21