teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:11/1057 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 「栞」と「環」いう漢字の由来について

 投稿者:猫mimi  投稿日:2014年 6月17日(火)20時30分28秒
  通報 返信・引用
  > No.1354[元記事へ]

はじめまして。

旺文社漢和辞典の引用によると、下記のようになるようです。

「栞」カン、しおり
解字・・・木と音を表す幵(ケン)(カンは変わった音。切る音。きる意→刊(カン))とから成る。
意味・・・①しおり。山林などを歩くとき、木に切り傷を付けたり、枝を折ったりして、通路の目印としたもの。②しおる。木の枝を折って目印にする。③ほる。出版する。=刊
日本国内の意味では、(ア)しおり。読みかけの書物に挟むもの。(イ)案内。手引き。

「環」カン、めぐる
解字・・・形声。王(玉)と、音を表す?(ケイ)(カンは変わった音。まるい意。→圜(カン))とで、輪形の玉の意を表す。「環」は省略形による。
意味・・・①たまき。輪状の玉で、肉の幅と中の穴の直径とが等しいもの。②わ。輪形のもの「耳環」③めぐる。めぐらす。(ア)囲む。取り巻く。「衆人環視」(イ)まわる。「循環」
人名・・・たま、たまき

これでお答えになっているでしょうか…(^^ゞ
名づけの説明はどういう思い入れがあるかというものさえあれば、何とかなるのでは?
どちらの名前の漢字を使用したものでも素敵だと思います。
多分やられているかと思いますけど、字画やら字数やらの占いを苗字と合わせて見てみるのもおススメです。


 
 
》記事一覧表示

新着順:11/1057 《前のページ | 次のページ》
/1057